薄毛治療により効果的とされているザガーロ

クリニックでのAGAの治療では、一般的にプロペシアという錠剤が処方されます。
これは、男性ホルモンレセプターを塞ぐことで、ジヒドロテストステロンが入り込むことを防ぐ効果が期待できる薬です。飲むAGA治療薬プロペシア。その効果と副作用

ジヒドロテストステロンがレセプターに入るほど、抜け毛が促され、発毛が阻害されるようになります。
これがAGAの原因となっているのですが、プロペシアを服用すれば、有効成分のフィナステリドが先にレセプターに入ります。これによりジヒドロテストステロンは入ることができなくなり、抜け毛が防がれやすくなるのです。

そして近年では、AGA治療でザガーロも処方されるようになってきています。
ザガーロには、レセプターをプロペシアよりもしっかりと塞ぐ力があります。そのため服用すれば、抜け毛はより減りやすくなるのです。

さらにザガーロには、1型の5αリダクターゼの働きを抑える力もあります。
ジヒドロテストステロンは、そもそも5αリダクターゼによって作られます。
そのため5αリダクターゼを抑えておけば、ジヒドロテストステロンが少なくなることから、AGAは一層改善されやすくなるのです。

プロペシアにも、この5αリダクターゼを阻害する力があります。ところが5αリダクターゼには、1型と2型の2種類があり、プロペシアが抑えることができるのは、基本的には2型のみです。

しかしザガーロは、両方の5αリダクターゼを抑えます。この点からも、ザガーロは薄毛に悩む人から注目されているのです。

一般的に2型の5αリダクターゼは、額や頭頂部での薄毛に深く関係していると言われています。
それに対して1型の5αリダクターゼは、耳の上や後頭部の薄毛をも引き起こします。

そのことから、広範囲が薄毛となってしまっている人からは特に、ザガーロは関心を寄せられています。
服用することで、頭部全体の髪を増やしていくことも夢ではなくなるのです。

ザガーロ服用についての注意点

ただし、服用できるのは20歳以上の男性のみとなります。
未成年や女性、特に妊娠している女性は服用できないので、注意が必要です。

なぜなら服用すると、未成年の場合は男性ホルモンの正常な働きまで阻害される可能性があるからです。
また妊婦の場合は、お腹の子供が男児だった場合に、やはり発達が阻害されることがあるのです。

さらにザガーロは、肝臓に多少の負担を与える可能性のある薬です。
そのため成人男性でも、肝臓の機能に問題がある場合、服用を避けた方が良いことがあります。
したがって肝臓の治療を受けている男性の場合、ザガーロの服用前に医師に相談することが大事です。

ミノキシジル育毛剤について

日本でリアップの発売が決まったときには、連日ニュースになるほどでした。
どうしてそんなにリアップが注目されているのかというと、日本で唯一のミノキシジル配合の育毛剤だからです。

AGAは男性ホルモンが多い人ほど進行がみられる症状です。
男性ホルモンに含まれる酵素の一種、5aリダクターゼが活性化すると脳に間違った信号を送ってしまい、毛を抜けさせるという間違った機能が働いてしまうのです。

進行を止めるのは生活習慣の改善だけでは難しい面もあり、育毛剤は悩んでいる人たちにとって希望と言っても過言ではありません。

ミノキシジルは臨床試験において高いデータを出しています。
発毛効果は確かにあり、海外では複数のミノキシジル配合の育毛剤が販売されています。

日本と違うことは、メーカーが一つだけでなく複数あるということ、濃度が高い育毛剤があるということ、また配合されている成分が違うということ。

なにより、リアップは一本7000円以上しますが、その半額以下で買えるものもあるのです。
一か月に7000円から8000円使うとなると、かなり経済的には負担となりますよね。
そのため、リアップよりも海外の育毛剤を購入する人が多いのも現状です。
効果も高く、性能もよいため人気を集めています。

また、濃度が高いほど効果も高まるとされているミノキシジル。
リアップでは5パーセントがマックスですが、海外では15パーセントを上回る濃度のものも売られています。
ただ、濃度が高いと副作用も強まるということなので、注意が必要です。

ミノキシジルは副作用は強い薬です。
そのため、初めて使うよという人は濃度が低い育毛剤から試すようにすると安全です。
様子を見ながら、濃度を変えていくようにしましょう。

ミノキシジルには即効性はなく、効果が出るまで個人差もありますが、最低3か月は使うようにしましょう。
1年後に効果が出たという人もいますが、あまり使って効果が得られないようなら濃度を上げてみてもいいかもしれません。

AGAに効果のある2大医薬品「プロペシア」と「ミノキシジル」

AGAの治療法がいろいろとネットを読むと出てきます。
育毛剤ひとつとっても各メーカーが自社の研究開発の結果だとして、いろいろな成分を配合していることをPRしています。

それらが絶対に効かないか、あるいは効くのかということはわかりません。
しかし、そういう成分の中でアメリカのFDA(日本の厚生労働省のようなもの)で、唯一育毛に効果があると認められた医薬品成分が2つだけあります。それがプロペシアミノキシジルです。

基本は、これらは医師の診察を受けて処方箋を出してもらって飲んだり、塗ったりする薬ですが、裏道としては海外からの個人輸入などもできます。そういう人のために、それぞれがどういう医薬品なのか、説明します。

プロペシアについて

まず「プロペシア」です。これはアメリカのメルク社が開発した医薬品「フィナステリド」を薄毛治療用にMSD社が改めて出した時の商品名です。
ですので、クリニックのサイトを見ていると、フィナステリドと書いてあったり、プロペシアと書いてあったりしますが、基本は同じものです。

これはもともとは前立腺肥大の治療のために作られました。
前立腺肥大は男性ホルモンの分泌が異常になって起こる症状ですが、それを改善させる働きがあります。

これに対して、AGAもその原因の一つは、男性ホルモンの過剰な分泌によって、過剰な皮脂の分泌が促進され、それが毛穴を塞いで頭髪の成長期を短くし、それによって若い毛が脱毛してしまうということです。

プロペシアは、この男性ホルモンのコントロールをすることができるので、それをAGAの治療に応用し、それによって頭髪の抜け毛を防ぐという働きがあるのです。これは主に飲み薬として用いられています。
飲むAGA治療薬プロペシア。その効果と副作用

ミノキシジルについて

つぎに「ミノキシジル」です。これは、一部の育毛剤にも配合されているので、クリニックに行かなくても、個人輸入をしなくても、使用することのできる「塗る」医薬品です。

ミノキシジルは、もともと心臓疾患の薬として開発されました。
心臓の血管を拡張させて血流を改善させ、それによって心筋梗塞などを防ぐ、というのがその効果です。

この血管を拡張させる、という働きが、AGAにおいては頭皮の血管を拡張させ、それによって毛根の働きを活発化させる、という効果につながるとうことで、AGAの治療に用いられるようになりました。
元は飲用する薬でしたが、今は塗る薬として流布されています。ミノキシジル育毛剤について

AGAを治すためには、この2つの薬は外すことができません。
確実に治したいと思うなら、AGA治療クリニックに行って処方してもらうか、自分で手に入れるかのことを行って、これらを使うことをおススメします。

飲むAGA治療薬プロペシア。その効果と副作用

AGAの治療薬には飲み薬と塗り薬の2タイプがあります。
飲むタイプのAGA治療薬として最もポピュラーなのがプロペシアです。

薄毛の治療を考えている方なら一度は目にしたことがある名前でしょう。
でも実際にどんな薬なのか知っている方はそんなに多くは有りません。プロぺシアとはどんな薬なのかを説明したいと思います。

そもそもプロペシアの主要成分フィナステリドは前立腺肥大の治療薬として開発された薬です。
フィナステリドを使った患者さんの薄毛が改善したことから、薄毛の治療薬として注目され開発されたものです。

薄毛や前立腺肥大の原因は男性ホルモンの中のジヒドロテストステロンというものです。
プロペシアの主成分であるフィナステリドは抗男性ホルモン薬の一種で、薄毛の原因とされているジヒドロテストステロンの生成を抑えることでAGAの治療に効果があるのです。参考:AGA治療クリニックの大阪ランキング決定版

プロペシアを服用した人のうち、薄毛に改善が見られたのは60%の方で、残りの40%の方は現状維持をすることが出来たという結果が報告されています。

ただプロペシアだけで髪の毛が元通りに生えるかというとそうではなく、ミノキシジルと併用すると効果が高くなるのです。ミノキシジルは毛母細胞に働きかけ発毛を促進してくれる成分です。

この二つを併用することで、薄毛を促進するジヒドロテストステロンを抑えながら、プロペシアが発毛を促進するという相乗効果が期待できるため、効率の良いAGA治療が出来るのです。

ただプロペシアには副作用があることも報告されています。
かなり低い確率ではありますが、性欲減退や勃起機能障害などが起こる可能性があることは覚えておきましょう。

必要以上に気にすることはありませんが、100%安全であると思い込んで用法用量を守らない服用の仕方をすると、思わぬ副作用が起こる可能性があることは忘れてはいけないのです。

また薬の効果を上げるためには生活習慣や食生活を見直し、受け入れる身体の状態を整えることも大切です。

リアップの効果

育毛剤と言えば一番に思いつくのが「リアップ」シリーズだと思います。
それほどリアップが発売された当初はインパクトがありました。

リアップに含まれている「ミノキシジル」という成分が育毛に効果があるということから大変注目されている育毛剤でいまではミノキシジル1%だけでなく、より効果が高い5%という物まで発売されています。

ミノキシジルは育毛剤として最初から注目されてきたわけではなく、経口血圧降下剤として開発されていた成分です。

この経口血圧降下剤として使用されてきたミノキシジルでしたが使用に関して思わぬ副作用がありました。それが全身の毛を濃くする作用です。

この副作用に注目して頭皮の育毛発毛の外用薬として研究され頭髪の発毛に有効的だということが証明されミノキシジルが含まれた育毛剤がアメリカで製品化されました。

そして日本でもミノキシジルが含まれた育毛剤が認可されて大正製薬から発売されました。それがリアップシリーズです。

ミノキシジルは壮年性脱毛症に対して効果があると言われています。

多くの男性の薄毛の原因は壮年性脱毛症と言われていますので多くの方にリアップは効果があると言われておりますが、残念ながら全ての方の薄毛を治すことは難しいと思います。

リアップは特に頭頂部が薄くなってくるタイプの方に効果があると言われておりますが、額のサイド面での育毛にはあまり効果がないというデータもあります。

そして注意しなければならないのが使用してはいけない薄毛のタイプもあるということです。

脱毛の原因が壮年性脱毛症でない場合、例えば他の病気が原因で起こる薄毛の場合や未成年に対する脱毛症には効果がないと言われております。

そしてアレルギー体質や頭皮に傷などの外傷がある方、使用していて体調に悪い変化があったことがある人の使用は禁止されています。

リアップはとても効果が高い育毛剤ではあります、壮年性脱毛症で悩んでいる方にとって効果が期待できる発毛剤ですが使用できないケースもありますので購入を考えている場合は注意事項をよく読んで使用することをおススメします。