病院やクリックで処方される育毛剤と市販の育毛剤の違い

基本的に病院やクリックで処方される育毛剤は医薬品、市販の育毛剤は医薬部外品に分類されます。

医薬品は臨床試験を経て多くの人に特定の効果が現れることが証明されているので、医薬部外品と比べると効果が現れる確率が高く、現れる作用も強いという特徴があります。

そのため、薄毛がかなり進行している人は皮膚科やAGA治療クリニック大阪などの薄毛治療を行っている病院で処方された育毛剤を使用する方が薄毛を改善できる可能性は高いです。

ただし、病院で処方される育毛剤は作用が強いので、市販の育毛剤より副作用が現れる可能性が高く、副作用が現れた場合は症状が重くなりやすいというデメリットもあるので、必ず医師の指示通りの用量・用法で使用することが大切です。

病院やクリックで処方される育毛剤

病院やクリックで処方される育毛剤の主な成分はミノキシジルやプロペシアなどですが、ミノキシジル系育毛剤には低血圧や頭皮の肌荒れなど、プロペシア系育毛剤には精力減退などの副作用が現れることがあります。

また、ミノキシジルタブレットには全身の血管を拡張する作用があるので心臓に大きな負担がかかりますし、その結果として動悸や息切れ、心臓の痛み、不整脈などの副作用が現れることがあるので特に注意が必要です。

市販(ドラッグストアなど)の育毛剤の成分

市販の育毛剤に含まれている有効成分はオウゴンエキスやセンブリエキス、アデノシンなどの天然由来の成分が多いですし、塩化カルプロニウムなどの化学成分が含まれていても含有量が低いので、病院で処方される育毛剤と比べると副作用の心配は少ないです。

その分効果は低くなりますが、まだそれほど薄毛が進行していない人なら市販の育毛剤でも薄毛を改善できる可能性があります。
ただし、副作用の心配が少ないとはいっても全くないわけではないので、使用する時は説明書に書かれている用法・用量を守ることが大切です。

また、一般的に市販の育毛剤は病院で処方される育毛剤の3分の1程度の価格で購入することができるので、経済的負担が少ないというメリットもあります。

リアップシリーズはミノキシジル系外用タイプの育毛剤ですが、ミノキシジルの含有量が低いので薬局やドラッグストアでも購入することができます。
ただし、リアップシリーズなどの第1類医薬品に分類されている育毛剤は薬剤師不在時にはドラッグストアで購入することができないので注意が必要です。

また、ミノキシジル系でも外用タイプの育毛剤ならドラッグストアでも購入することができますが、内服タイプの育毛剤は副作用が強く現れる心配があるのでドラッグストアでは購入することができません。

薄毛の悩みを解決するためのAGA治療

薄毛に悩むというのはけっこうつらいものがあります。
仕事が順調でも、お金に困っていなくても、健康であっても薄毛であると満たされない気持ちになります。

薄毛というのはそのままにしておくと、どんどん進んでいくことが多いので、回復することが容易ではないということで怪我などどは違うのです。日に日に自分が惨めの思えてくるのが薄毛なのです。

以前男前といわれていたのに、薄毛になることによってそうは見られなくなってしまうならばなおさらです。
薄毛の悩みはなにかをすることでしか対処はできないということを覚えておきたいものです。

その点で時間もお金もかけても行ってみたいのがAGA治療です。
育毛を促すこの治療によってなくなってしまった髪の毛を戻していくことができたらそれほど嬉しいことはないのです。

それでまずはAGA治療をしてくれる専門のクリニックを探すことです。
専門のところが良いのには理由があり、それは専門であるゆえに治療のためのスキルがあるということもありますが、それ以外にも専門のところであれば髪の悩みを話しやすいということがあります。

恥ずかしがらずにいろんな不安なことを打ち明けることができるのです。
先生によっては自分も薄毛に悩んでいたが、治療によりよくなったという経験をしている人がいます。

そのような先生からのアドバイスやAGA治療の方法は、確かに自分にも治療の効果が出るという確信を与えるものとなります。

それで専門のクリニックで、しかもヒヤリングの上手で感情移入ができるところを見つけることが鍵となります。

口コミなどを参考にしてみることができますし、実際に行ってみて無料のカウンセリングを受けてみることがそれを見分ける助けになります。

クリニックが決まり、実際にAGA治療となるとフィナステリドが入った薬と、ミノキシジルの入った育毛剤が処方されることが多いのではいかと思います。

同時にそれだけではなく、生活習慣の改善や頭皮マッサージ、ストレスへの対処や、食生活のことなど、育毛環境を整えるためにしなければならないことを指摘されることもありますので、治療と同時に、そうした点でも先生のアドバイスに従った生活をすることで失った髪の毛を蘇らせることができるのです。

1ヶ月そこそこで終わるものではなく、何ヶ月にもわたり、継続的に治療することで効果が出てくることが多いのでそうした辛抱することや続けるといった根気も必要です。
そしてお金もそれなりにかかることを忘れないことです。

大阪で評判のAGA治療クリニックをランキングはこちら。

薄毛治療薬の気になる副作用「初期脱毛」

薄毛に悩んでいる方にとってAGA治療薬として代表的なプロペシア・フィンペシアといった治療薬の初期の代表的な副作用として「初期脱毛」があります。

薄毛治療の副作用が脱毛!?と驚かれる方もいるかもしれませんが、この「初期脱毛」は育毛のメカニズム上で非常に重要な役割を果たしているのです。

むしろ「初期脱毛」を経験することはAGA治療が上手くいく可能性が上昇する通過点でもあるのです。

育毛に関して休眠期・発生期・成長期という髪の毛のサイクルを理解する必要があります。
薄毛や抜け毛が気になり始める方は、このサイクルのバランスが崩れたり休眠期の髪の毛が増えてしまった状態にあります。

そこでAGA治療薬を服用すると休眠期と発生期の頭髪に作用するのです。
この発生期の頭髪に作用するというのが「初期脱毛」を理解するポイントになります。

発生期はまだ髪の毛が抜ける前に始まります。発生期に強く元気な髪の毛が、今生えている髪の毛を押しのけていくのです。

つまり、次に生えてくる髪の毛が出てきてしまうために今生えている髪の毛が抜けてしまうのです。
髪の毛のサイクルが崩れていたところを前倒しで作用するので、ある程度髪の毛が成長するまでは「初期脱毛」として急に髪が抜けてしまうということが起こるのです。

この「初期脱毛」は10日から2か月ほどと人によって幅があり、脱毛の恐怖に耐えられずにAGA治療薬の服用を諦めてしまう人もいます。脱毛があってもそれは治療薬の効果が出ているのだと信じて服用を続けましょう。

薄毛治療はどうしても長丁場になりがちなので、結果が出ないと焦ってしまいます。
「初期脱毛」の期間を超えると力強い髪の毛が増えていくので、髪の毛がスカスカで頭皮が見えてしまうということが少なくります。

あとは髪の毛が伸びるのを待つだけになり、AGA治療が上手く行くということになります。
AGA治療において最も代表的な副作用は、治療が上手く行っている証拠でもあるのです。短期的な目線でこの副作用で気に病む必要はありません。

育毛業界に激震!AGA治療の最前線とは?

最近髪のボリュームが足りなくなった、短い髪が増えた、髪のハリやコシがなくなってきたと感じた場合や、髪の生え際周辺が淋しくなってきたと感じた場合、このまま症状を放置しているとAGAはますます進行してしまいます。

AGAとは男性型脱毛症の略称で、成人男性の髪が薄くなる場合、ほとんどの場合はAGAが原因で髪が薄くなります。

前方の両サイドから少しづつ進行していくM字ハゲや、頭頂部周辺から髪が薄くなるO字ハゲ、生え際周辺からU字型に髪が抜けていきじわじわと後ろへ薄毛が進行してくなど、さまざまなタイプの薄毛がありますが、原因はどれも同じものからきています。

薄毛の原因は髪の生えるサイクルの乱れ

AGAの根本的な原因は遺伝にもありますが、男性ホルモンが過剰に分泌されることで、髪が生えるための正常なヘアサイクルが乱れてしまいます。

さらに髪が正常に成長しきらないまま抜け落ちてしまい、次に生えてきた髪も細いままで抜けるようになり、しまいには髪を作り出す細胞が分裂を終えてしまい、髪が生えなくなってしまいます。

 

AGA治療の代表的なものとは?

AGA治療で一番有名なのは、専門クリニックやその他の病院(皮膚科など)での治療です。参考;大阪で評判のAGA治療クリニックをランキング

治療に用いられるのは内服薬タイプの「フィナステリド(プロペシア)」頭皮に直接塗るタイプの「ミノキシジル」が有名で、これらの薬は個人輸入でも入手することができます。AGAに効果のある2大医薬品「プロペシア」と「ミノキシジル」
毎月治療にかかる費用は1万~3万程度と少々高めですが、この治療を6ヶ月から1年程度続ける必要があります。

最新のAGA治療法

現在最新のAGA治療法として「育毛メソセラピー」という方法があります。
これは美容外科などでも脂肪を分解する方法として用いられているメソセラピーと方法は似ていますが、育毛メソセラピーの場合、頭皮に直接小さな注射針で薬剤を注入し、毛乳頭を刺激することで髪は生やしていく方法です。

こちらは内服薬と併用しつつメソセラピー(1万8千円前後)を複数回受ける必要があるので、かなり高額な処置になりますが、確実性は内服薬のみに比べると高くなります。

クリニックによるAGA治療とその3段階の流れ

AGA治療をこれから受けようとするなら気になる治療の流れですよね。
クリニックでは実際にどのような流れで治療が行われるかご説明します。

AGAのクリニックによる治療は、まずカウンセリングからスタートします。
どのクリニックでも、必ずそれを行っていますね。

カウンセリングでは、まず患者の髪の毛の状態などを色々と確認します。
主に問診などによって確認をするのですが、それで今後の治療プランなどが色々と提案される訳ですね。
もちろん料金に関する説明も行われます。

そしてカウンセリングの段階では、まだ契約を確定する訳ではありません。
あくまでも患者がその病院から説明された内容に同意できる時のみ、契約確定になる訳ですね。料金を発生しません。ですので比較検討をする為に、いくつもの病院でカウンセリングを受けている方も多くいらっしゃいます。

2段階目ですが、病院での写真撮影などが行われます。
髪の毛の状態を確認しなければならないので、独自のカメラ用いて頭の撮影を行う訳ですね。
それとこの段階では、医師の方からの健康状態の確認なども行われます。

その内容に応じて、さらに詳しく治療内容が説明される事になります。
また治療の為に、血液検査なども行われますね。
髪の毛というのは血液と非常に大きな関係がありますし、AGAの治療の為に薬が用いられる事も多いのです。
薬による影響などを確認するためにも、血液検査を行う訳ですね。

3段階目ですが、その血液検査の結果が伝えられる事になります。
それに応じて、病院の方からAGAの為の薬が処方される事になるのですね。

後はその薬をしばらく使ってみて、様子を見る事になります。
それで頭皮の経過を確認するために、改めて写真撮影が行われるAGAのクリニックもあります。

ビフォアアフターという表現もありますが、薬を使用する前と使用した後の状況確認の為に撮影が行われる訳ですね。

AGAのクリニックによる治療の流れは、だいたい上記のような3段階になります。
ただ病院によっては、多少はシステムの違いなどはありますね。
基本的には第1段階のカウンセリングで、病院の善し悪しなどをよく見極める方が良いでしょう。
大阪でおすすめのAGA治療クリニックはコチラ