AGAに効果のある2大医薬品「プロペシア」と「ミノキシジル」

AGAの治療法がいろいろとネットを読むと出てきます。
育毛剤ひとつとっても各メーカーが自社の研究開発の結果だとして、いろいろな成分を配合していることをPRしています。

それらが絶対に効かないか、あるいは効くのかということはわかりません。
しかし、そういう成分の中でアメリカのFDA(日本の厚生労働省のようなもの)で、唯一育毛に効果があると認められた医薬品成分が2つだけあります。それがプロペシアミノキシジルです。

基本は、これらは医師の診察を受けて処方箋を出してもらって飲んだり、塗ったりする薬ですが、裏道としては海外からの個人輸入などもできます。そういう人のために、それぞれがどういう医薬品なのか、説明します。

プロペシアについて

まず「プロペシア」です。これはアメリカのメルク社が開発した医薬品「フィナステリド」を薄毛治療用にMSD社が改めて出した時の商品名です。
ですので、クリニックのサイトを見ていると、フィナステリドと書いてあったり、プロペシアと書いてあったりしますが、基本は同じものです。

これはもともとは前立腺肥大の治療のために作られました。
前立腺肥大は男性ホルモンの分泌が異常になって起こる症状ですが、それを改善させる働きがあります。

これに対して、AGAもその原因の一つは、男性ホルモンの過剰な分泌によって、過剰な皮脂の分泌が促進され、それが毛穴を塞いで頭髪の成長期を短くし、それによって若い毛が脱毛してしまうということです。

プロペシアは、この男性ホルモンのコントロールをすることができるので、それをAGAの治療に応用し、それによって頭髪の抜け毛を防ぐという働きがあるのです。これは主に飲み薬として用いられています。
飲むAGA治療薬プロペシア。その効果と副作用

ミノキシジルについて

つぎに「ミノキシジル」です。これは、一部の育毛剤にも配合されているので、クリニックに行かなくても、個人輸入をしなくても、使用することのできる「塗る」医薬品です。

ミノキシジルは、もともと心臓疾患の薬として開発されました。
心臓の血管を拡張させて血流を改善させ、それによって心筋梗塞などを防ぐ、というのがその効果です。

この血管を拡張させる、という働きが、AGAにおいては頭皮の血管を拡張させ、それによって毛根の働きを活発化させる、という効果につながるとうことで、AGAの治療に用いられるようになりました。
元は飲用する薬でしたが、今は塗る薬として流布されています。ミノキシジル育毛剤について

AGAを治すためには、この2つの薬は外すことができません。
確実に治したいと思うなら、AGA治療クリニックに行って処方してもらうか、自分で手に入れるかのことを行って、これらを使うことをおススメします。

2015年6月3日 コメントは受け付けていません。 AGA治療薬