飲むAGA治療薬プロペシア。その効果と副作用

AGAの治療薬には飲み薬と塗り薬の2タイプがあります。
飲むタイプのAGA治療薬として最もポピュラーなのがプロペシアです。

薄毛の治療を考えている方なら一度は目にしたことがある名前でしょう。
でも実際にどんな薬なのか知っている方はそんなに多くは有りません。プロぺシアとはどんな薬なのかを説明したいと思います。

そもそもプロペシアの主要成分フィナステリドは前立腺肥大の治療薬として開発された薬です。
フィナステリドを使った患者さんの薄毛が改善したことから、薄毛の治療薬として注目され開発されたものです。

薄毛や前立腺肥大の原因は男性ホルモンの中のジヒドロテストステロンというものです。
プロペシアの主成分であるフィナステリドは抗男性ホルモン薬の一種で、薄毛の原因とされているジヒドロテストステロンの生成を抑えることでAGAの治療に効果があるのです。参考:AGA治療クリニックの大阪ランキング決定版

プロペシアを服用した人のうち、薄毛に改善が見られたのは60%の方で、残りの40%の方は現状維持をすることが出来たという結果が報告されています。

ただプロペシアだけで髪の毛が元通りに生えるかというとそうではなく、ミノキシジルと併用すると効果が高くなるのです。ミノキシジルは毛母細胞に働きかけ発毛を促進してくれる成分です。

この二つを併用することで、薄毛を促進するジヒドロテストステロンを抑えながら、プロペシアが発毛を促進するという相乗効果が期待できるため、効率の良いAGA治療が出来るのです。

ただプロペシアには副作用があることも報告されています。
かなり低い確率ではありますが、性欲減退や勃起機能障害などが起こる可能性があることは覚えておきましょう。

必要以上に気にすることはありませんが、100%安全であると思い込んで用法用量を守らない服用の仕方をすると、思わぬ副作用が起こる可能性があることは忘れてはいけないのです。

また薬の効果を上げるためには生活習慣や食生活を見直し、受け入れる身体の状態を整えることも大切です。

2015年3月5日 コメントは受け付けていません。 AGA治療薬