薄毛治療により効果的とされているザガーロ

クリニックでのAGAの治療では、一般的にプロペシアという錠剤が処方されます。
これは、男性ホルモンレセプターを塞ぐことで、ジヒドロテストステロンが入り込むことを防ぐ効果が期待できる薬です。飲むAGA治療薬プロペシア。その効果と副作用

ジヒドロテストステロンがレセプターに入るほど、抜け毛が促され、発毛が阻害されるようになります。
これがAGAの原因となっているのですが、プロペシアを服用すれば、有効成分のフィナステリドが先にレセプターに入ります。これによりジヒドロテストステロンは入ることができなくなり、抜け毛が防がれやすくなるのです。

そして近年では、AGA治療でザガーロも処方されるようになってきています。
ザガーロには、レセプターをプロペシアよりもしっかりと塞ぐ力があります。そのため服用すれば、抜け毛はより減りやすくなるのです。

さらにザガーロには、1型の5αリダクターゼの働きを抑える力もあります。
ジヒドロテストステロンは、そもそも5αリダクターゼによって作られます。
そのため5αリダクターゼを抑えておけば、ジヒドロテストステロンが少なくなることから、AGAは一層改善されやすくなるのです。

プロペシアにも、この5αリダクターゼを阻害する力があります。ところが5αリダクターゼには、1型と2型の2種類があり、プロペシアが抑えることができるのは、基本的には2型のみです。

しかしザガーロは、両方の5αリダクターゼを抑えます。この点からも、ザガーロは薄毛に悩む人から注目されているのです。

一般的に2型の5αリダクターゼは、額や頭頂部での薄毛に深く関係していると言われています。
それに対して1型の5αリダクターゼは、耳の上や後頭部の薄毛をも引き起こします。

そのことから、広範囲が薄毛となってしまっている人からは特に、ザガーロは関心を寄せられています。
服用することで、頭部全体の髪を増やしていくことも夢ではなくなるのです。

ザガーロ服用についての注意点

ただし、服用できるのは20歳以上の男性のみとなります。
未成年や女性、特に妊娠している女性は服用できないので、注意が必要です。

なぜなら服用すると、未成年の場合は男性ホルモンの正常な働きまで阻害される可能性があるからです。
また妊婦の場合は、お腹の子供が男児だった場合に、やはり発達が阻害されることがあるのです。

さらにザガーロは、肝臓に多少の負担を与える可能性のある薬です。
そのため成人男性でも、肝臓の機能に問題がある場合、服用を避けた方が良いことがあります。
したがって肝臓の治療を受けている男性の場合、ザガーロの服用前に医師に相談することが大事です。

2017年10月11日 コメントは受け付けていません。 AGA治療薬