ミノキシジル育毛剤について

日本でリアップの発売が決まったときには、連日ニュースになるほどでした。
どうしてそんなにリアップが注目されているのかというと、日本で唯一のミノキシジル配合の育毛剤だからです。

AGAは男性ホルモンが多い人ほど進行がみられる症状です。
男性ホルモンに含まれる酵素の一種、5aリダクターゼが活性化すると脳に間違った信号を送ってしまい、毛を抜けさせるという間違った機能が働いてしまうのです。

進行を止めるのは生活習慣の改善だけでは難しい面もあり、育毛剤は悩んでいる人たちにとって希望と言っても過言ではありません。

ミノキシジルは臨床試験において高いデータを出しています。
発毛効果は確かにあり、海外では複数のミノキシジル配合の育毛剤が販売されています。

日本と違うことは、メーカーが一つだけでなく複数あるということ、濃度が高い育毛剤があるということ、また配合されている成分が違うということ。

なにより、リアップは一本7000円以上しますが、その半額以下で買えるものもあるのです。
一か月に7000円から8000円使うとなると、かなり経済的には負担となりますよね。
そのため、リアップよりも海外の育毛剤を購入する人が多いのも現状です。
効果も高く、性能もよいため人気を集めています。

また、濃度が高いほど効果も高まるとされているミノキシジル。
リアップでは5パーセントがマックスですが、海外では15パーセントを上回る濃度のものも売られています。
ただ、濃度が高いと副作用も強まるということなので、注意が必要です。

ミノキシジルは副作用は強い薬です。
そのため、初めて使うよという人は濃度が低い育毛剤から試すようにすると安全です。
様子を見ながら、濃度を変えていくようにしましょう。

ミノキシジルには即効性はなく、効果が出るまで個人差もありますが、最低3か月は使うようにしましょう。
1年後に効果が出たという人もいますが、あまり使って効果が得られないようなら濃度を上げてみてもいいかもしれません。

2015年6月3日 コメントは受け付けていません。 AGA治療薬