薄毛治療薬の気になる副作用「初期脱毛」

薄毛に悩んでいる方にとってAGA治療薬として代表的なプロペシア・フィンペシアといった治療薬の初期の代表的な副作用として「初期脱毛」があります。

薄毛治療の副作用が脱毛!?と驚かれる方もいるかもしれませんが、この「初期脱毛」は育毛のメカニズム上で非常に重要な役割を果たしているのです。

むしろ「初期脱毛」を経験することはAGA治療が上手くいく可能性が上昇する通過点でもあるのです。

育毛に関して休眠期・発生期・成長期という髪の毛のサイクルを理解する必要があります。
薄毛や抜け毛が気になり始める方は、このサイクルのバランスが崩れたり休眠期の髪の毛が増えてしまった状態にあります。

そこでAGA治療薬を服用すると休眠期と発生期の頭髪に作用するのです。
この発生期の頭髪に作用するというのが「初期脱毛」を理解するポイントになります。

発生期はまだ髪の毛が抜ける前に始まります。発生期に強く元気な髪の毛が、今生えている髪の毛を押しのけていくのです。

つまり、次に生えてくる髪の毛が出てきてしまうために今生えている髪の毛が抜けてしまうのです。
髪の毛のサイクルが崩れていたところを前倒しで作用するので、ある程度髪の毛が成長するまでは「初期脱毛」として急に髪が抜けてしまうということが起こるのです。

この「初期脱毛」は10日から2か月ほどと人によって幅があり、脱毛の恐怖に耐えられずにAGA治療薬の服用を諦めてしまう人もいます。脱毛があってもそれは治療薬の効果が出ているのだと信じて服用を続けましょう。

薄毛治療はどうしても長丁場になりがちなので、結果が出ないと焦ってしまいます。
「初期脱毛」の期間を超えると力強い髪の毛が増えていくので、髪の毛がスカスカで頭皮が見えてしまうということが少なくります。

あとは髪の毛が伸びるのを待つだけになり、AGA治療が上手く行くということになります。
AGA治療において最も代表的な副作用は、治療が上手く行っている証拠でもあるのです。短期的な目線でこの副作用で気に病む必要はありません。