育毛業界に激震!AGA治療の最前線とは?

最近髪のボリュームが足りなくなった、短い髪が増えた、髪のハリやコシがなくなってきたと感じた場合や、髪の生え際周辺が淋しくなってきたと感じた場合、このまま症状を放置しているとAGAはますます進行してしまいます。

AGAとは男性型脱毛症の略称で、成人男性の髪が薄くなる場合、ほとんどの場合はAGAが原因で髪が薄くなります。

前方の両サイドから少しづつ進行していくM字ハゲや、頭頂部周辺から髪が薄くなるO字ハゲ、生え際周辺からU字型に髪が抜けていきじわじわと後ろへ薄毛が進行してくなど、さまざまなタイプの薄毛がありますが、原因はどれも同じものからきています。

薄毛の原因は髪の生えるサイクルの乱れ

AGAの根本的な原因は遺伝にもありますが、男性ホルモンが過剰に分泌されることで、髪が生えるための正常なヘアサイクルが乱れてしまいます。

さらに髪が正常に成長しきらないまま抜け落ちてしまい、次に生えてきた髪も細いままで抜けるようになり、しまいには髪を作り出す細胞が分裂を終えてしまい、髪が生えなくなってしまいます。

 

AGA治療の代表的なものとは?

AGA治療で一番有名なのは、専門クリニックやその他の病院(皮膚科など)での治療です。参考;大阪で評判のAGA治療クリニックをランキング

治療に用いられるのは内服薬タイプの「フィナステリド(プロペシア)」頭皮に直接塗るタイプの「ミノキシジル」が有名で、これらの薬は個人輸入でも入手することができます。AGAに効果のある2大医薬品「プロペシア」と「ミノキシジル」
毎月治療にかかる費用は1万~3万程度と少々高めですが、この治療を6ヶ月から1年程度続ける必要があります。

最新のAGA治療法

現在最新のAGA治療法として「育毛メソセラピー」という方法があります。
これは美容外科などでも脂肪を分解する方法として用いられているメソセラピーと方法は似ていますが、育毛メソセラピーの場合、頭皮に直接小さな注射針で薬剤を注入し、毛乳頭を刺激することで髪は生やしていく方法です。

こちらは内服薬と併用しつつメソセラピー(1万8千円前後)を複数回受ける必要があるので、かなり高額な処置になりますが、確実性は内服薬のみに比べると高くなります。