病院やクリックで処方される育毛剤と市販の育毛剤の違い

基本的に病院やクリックで処方される育毛剤は医薬品、市販の育毛剤は医薬部外品に分類されます。

医薬品は臨床試験を経て多くの人に特定の効果が現れることが証明されているので、医薬部外品と比べると効果が現れる確率が高く、現れる作用も強いという特徴があります。

そのため、薄毛がかなり進行している人は皮膚科やAGA治療クリニック大阪などの薄毛治療を行っている病院で処方された育毛剤を使用する方が薄毛を改善できる可能性は高いです。

ただし、病院で処方される育毛剤は作用が強いので、市販の育毛剤より副作用が現れる可能性が高く、副作用が現れた場合は症状が重くなりやすいというデメリットもあるので、必ず医師の指示通りの用量・用法で使用することが大切です。

病院やクリックで処方される育毛剤

病院やクリックで処方される育毛剤の主な成分はミノキシジルやプロペシアなどですが、ミノキシジル系育毛剤には低血圧や頭皮の肌荒れなど、プロペシア系育毛剤には精力減退などの副作用が現れることがあります。

また、ミノキシジルタブレットには全身の血管を拡張する作用があるので心臓に大きな負担がかかりますし、その結果として動悸や息切れ、心臓の痛み、不整脈などの副作用が現れることがあるので特に注意が必要です。

市販(ドラッグストアなど)の育毛剤の成分

市販の育毛剤に含まれている有効成分はオウゴンエキスやセンブリエキス、アデノシンなどの天然由来の成分が多いですし、塩化カルプロニウムなどの化学成分が含まれていても含有量が低いので、病院で処方される育毛剤と比べると副作用の心配は少ないです。

その分効果は低くなりますが、まだそれほど薄毛が進行していない人なら市販の育毛剤でも薄毛を改善できる可能性があります。
ただし、副作用の心配が少ないとはいっても全くないわけではないので、使用する時は説明書に書かれている用法・用量を守ることが大切です。

また、一般的に市販の育毛剤は病院で処方される育毛剤の3分の1程度の価格で購入することができるので、経済的負担が少ないというメリットもあります。

リアップシリーズはミノキシジル系外用タイプの育毛剤ですが、ミノキシジルの含有量が低いので薬局やドラッグストアでも購入することができます。
ただし、リアップシリーズなどの第1類医薬品に分類されている育毛剤は薬剤師不在時にはドラッグストアで購入することができないので注意が必要です。

また、ミノキシジル系でも外用タイプの育毛剤ならドラッグストアでも購入することができますが、内服タイプの育毛剤は副作用が強く現れる心配があるのでドラッグストアでは購入することができません。